氣質学 4つの色について

氣質学を読むために必要な知識。「色」について

氣質学を読むには、形と色で構成される「シンボル」の意味を知る必要があります。

このページでは、氣質を構成する要素の「色」について解説しています。

形については下記の記事もお読み下さい。

氣質学 3つの形について

色は人の行動特性を表します

色は人の行動特性を表します

氣質学の「色」が表すもの

氣質学で使う色には4種類あります。

ピンク水色です。

色は行動特性を表しています。

大きく分けると、

リスクを考えて慎重に行動する色と、メリットを優先して動きながら考える色。

夢や希望を大切にする色と現実的な考え方をする色があります。

おしゃべりな色と必要以外に喋らない色があります。

言葉足らずになる色と話が長い色があります。

言葉がきつくなってしまいがちな色と柔らかい色があります。

また、それぞれ、

空想する事が得意なピンク、

新しい事が得意な赤、

まとめる事が得意な緑、

広める事が得意な水色。

と色によって傾向があります。

あなたの周りに

どうもあの人はいつも言葉足らずで誤解を受けやすい

と感じる人がいませんか??

そんな人には、こちらから色々質問するように氣を配ると、ぐっとコミュニケーションがスムーズになるでしょう。

なんであの人は〜!

と言いたくなる時に役にたつのが氣質学です。

あなたの氣質、第1〜第3氣質を調べます。

無料氣質鑑定はこちらです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする