氣質を読み解く数字と形と色-第3回-色

氣質を読み解く数字と形と色

というテーマで数回にわたり書いています。

前回は、氣質学で用いる形、

『丸』『四角』『星』の意味について説明しました。

前回の記事はここをクリック

今日は氣質学で扱う4つの色の意味について書きます。

氣質で用いる4つの色は行動、表現を表す

氣質で用いる4つの色は行動、表現を表す

【氣質学の4つの色】

氣質学では4つの色で一人一人の表現方法の特徴を分類しています。

使う色は

ピンク、赤、緑、水色の4色です。

4色のカラーが持つキーワードは、以下の通りです。

<桃・ピンク>
情熱、ロマンチスト、情愛、優しさ、感情的、興奮

<赤・レッド>
行動力、強い意思、勇氣、忠実、現実的、ダイナミック

<緑・グリーン>
向上心、成長、癒し、ヒーラー、教え、働き者、物質主義

<水色・ウォーターブルー>
真実、知的、第六感、テレパシー、理性的、冷静

具体的に見て行きましょう。下記の画像をご覧下さい。

ある人の氣質

ある人の氣質

この人の氣質は

氣質番号ー3

第1氣質ー四角赤

第2氣質ー丸水色

第3氣質ー四角緑

です。

第1氣質が四角の赤。

これが何を意味するのか読み解いてみましょう。

まずは形から。

形は四角です。

四角の人は・・・【安】の人。現実的安心・安定がテーマ。
【安】の人は、現実的な安心・安定を重視します。

<特徴>
・実力主義で、自分磨きを心がける
・自分の主人は自分であるという意識が強い
・ペースを乱されるのが苦手
・具体的にカタチにするのが得意
・ついついムリが多くなってしまう

安心、安定を好み実力主義。自分のご主人様は自分だという意識が強くて具体的に形にするのが得意。

ペースを乱されるのが嫌いなので自分の時間をとても大切にします。

また、『がんばる』という言葉が大好きでついムリをしてしまいます。

形(価値観)からこの人の氣質を見ると、頑固でがんばり屋さんなイメージが浮かびます。

さらに色で見て行きましょう。

この人の第1氣質の色は赤です。

赤のキーワードは

行動力、強い意思、勇氣、忠実、現実的、ダイナミック

でした。

強い意志と行動力でダイナミックに動く人。そんな印象です。

形と色を合わせて、この人の第1氣質を読み解きますと、

『強い意志で決定した事は必ず達成する行動力の持ち主。目標達成の為に必要とあらばムリもします。仕事においては現実的安定を重視するので堅実な投資と行動をします。』

となります。

あなたの周りにこういう人はいませんか?ひょっとするとその人は氣質の中に四角赤があるかもしれません。

同じ四角の人でも色が違うと行動、表現方法が変わるので、印象が違ってきます。

氣質学がわかってくると、一人一人の個性が理解できるので人間関係が楽になってきますよ。

ご自分の氣質が知りたい方は、ただいま無料で氣質を調べてお知らせしています。このブログをPCでご覧の方は右上の、携帯の方はスクロールして下の方にある「あなたの氣質調べます」からお申し込み下さい。なお、お申し込み頂いた方には、より詳しい氣質の読み方がわかるメルマガを送らせて頂きます。解除は簡単にできますので、ぜひ読んで下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする