藤澤武夫さんがおしゃれな風流人であった事に納得!

前回は本田技研工業株式会社創業者の本田宗一郎さんと、その名参謀と呼ばれた藤澤武夫さんの氣質を比較して、お互いの関係が無いものを補い合い二人が一緒になる事で発展する関係だった事が見えてきました。

まだお読みでない方はその記事から読むと内容がわかりやすいと思います。

氣質からみる本田宗一郎さんと藤澤武夫さんの関係

上が本田宗一郎さん、下が藤沢武夫さんの氣質

上が本田宗一郎さん、下が藤澤武夫さんの氣質

画像の上3枚が本田宗一郎さん、下3枚が藤澤武夫さんの氣質です。

左から第1氣質、第2氣質、第3氣質です。

本田さんの第2氣質である星水色は“とことんやる!職人”の人です。そして第3氣質の四角赤は“短期決戦で何事も全力投球の行動力”の人。開発に没頭したら集中してとことんやり尽くす氣質です。

本田さんは明らかに技術者になるべき氣質をお持ちなので、会社を営むには自分が技術者としての仕事に打ち込める様、経営を任せられる相棒が必要です。本田さんはそんな人を心の中でずっと探していたのでは無いでしょうか?藤澤さんとの出会いはまさにそんな本田さんにとって待っていた瞬間だったのだろうと思います。

藤澤武夫さんの氣質

では、藤澤武夫さんの氣質をみていきましょう。

生年月日
1910年11月10日

氣質数 16
第1氣質 四角水色
第2氣質 四角ピンク
第3氣質 二重丸ピンク

藤澤武夫さんの第1氣質

藤澤武夫さんの第1氣質

第1氣質の四角水色は

シンボルの四角は現実的安心、安定がテーマ。

水色は真実、知的、第6感、テレパシー、理性的、冷静。

“ロマンチスとで現実主義者。老後の幸せがテーマの人。

空想や夢といったファンタジックな自分の世界が大切。

それでいて神経質で疑り深い現実安定志向のギャップのある氣質。

計算上手で負ける勝負に手を出さない慎重型。

短期決戦は苦手、長期的な勝負に強く、最後に笑うのは自分だ!と思っています。

コツコツと隠れた所での努力も頭が下がります。

現実と夢の世界を行ったり来たりとまったり、ゆったりの時間も必要。

不思議な感覚の持ち主なので《優れた美意識》《直観力》はかなりのモノ。”

長期的視点を持って情報収集と分析をして目標を定め、そのためにコツコツと努力するタイプです。優れた美意識と直感力があり、芸術的な趣味を持つ方も多いです。

藤澤武夫さんの著書「経営に終わりはない」を初めて読んだのはまだ私が氣質学に出会う前でしたが、今読み返すと、氣質をうかがわるエピソードが沢山あってびっくりしました。

藤澤武夫著・経営に終わりはない

藤澤武夫著・経営に終わりはない

以下はWikipediaからの引用です。

現役時代の藤沢は、本社とは別に銀座の越後屋ビルの一室を借り、調度品にいたるまで全て黒で統一し、その部屋にこもって経営戦略を練ったという。また洒落者で知られ、着流し姿で出社することもしばしばあったという。(Wikipedia藤澤武夫より引用)

https://ja.wikipedia.org/wiki/藤沢武夫

  • 無類の舞台好きであり、歌舞伎はもとより、世界各国のオペラ座に着物姿で観劇した。また、常磐津が玄人並の腕前で「文王」の名も持っていた。(Wikipedia藤澤武夫より引用)

  • 隠居後の藤沢は「自分は引退した老骨」と語り、自分から社の経営に口を出す事はしなかった。政界財界人との交流もあまりなく、むしろ先代の中村勘三郎や作家の五木寛之、谷崎潤一郎などの文化芸術人との世間話を楽しむ風流人として過ごした。(Wikipedia藤澤武夫より引用)

エピソードの中には風流人という言葉が何箇所も使ってあり、芸術や文化を心から楽しんでいらっしゃった姿が浮かびます。また、着流しでお洒落して出社するのも四角水色らしいです。

又、別に1室借りてそこに篭って経営戦略を練ったというエピソードでは、情報収集、分析の氣質を伺う事が出来ます。仕事の時には“対人関係の氣質”である第2氣質も影響があるのですが、部屋に篭って経営戦略を練る時には誰からの邪魔の入らず第1氣質の本来の自分で入られたのではないでしょうか。

藤澤さんの第2氣質は四角ピンクです。

上記の引用部分の仕事時のエピソードには四角ピンクの氣質らしさを感じました。

そのあたりについては次回に踏み込みたいと思います。

***************

「私の氣質を知りたい」方、ビジネスに効く氣質学では無料で氣質を調べてお知らせしています。このブログをPCでご覧の方は右上の、携帯の方はスクロールして下の方にある「あなたの氣質調べます」からお申し込み下さい。なお、お申し込み頂いた方には、より詳しい氣質の読み方がわかるメルマガを送らせて頂きます。解除は簡単にできますので、ぜひ読んで下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする